年間カレンダー

一月(睦月/むつき)の行事

↓初詣浅草観音(はつもうで)
↓修正会(しゅしょうえ)
↓大般若経転読会(だいはんにゃきょうてんどくえ)
↓新年大祈祷会(しんねんだいきとうえ)
↓牛玉加持会(ごおうかじえ)
↓温座秘法陀羅尼会(おんざひほうだらにえ)
↓初詣浅草名所七福神(はつもうであさくさなどころしちふくじん)
↓新春浅草歌舞伎

初詣浅草観音(はつもうで)

1月1日

初詣浅草観音(はつもうで)

全国の主要な神社仏閣840ヶ所の中でも浅草寺は常に多くの人が初詣に訪れ、正月の浅草は人の波でごった返します。このため現在は、大晦日の夜は参詣客の混雑緩和のため、現在では雷門通りと馬道通りが歩行者天国となります。元旦午前零時に弁天山の除夜の鐘が「百八会」の手で打ち鳴らされる頃の浅草寺境内は、華やいだ人々で埋まります。午前零時きっかりに、開運厄除けのお守りが授与されます。除夜の鐘を境にして年の瀬も初春のけじめもなく、大晦日がそのまま元旦につながっているのですが、流石に初詣りともなると、どの顔も豊かに微笑しているようです。そして仲見世から観音堂につらなる表参道の人の流れは、朝になっても、更に三が日引き続いて途絶えることはありません。永井荷風は「踊子」と言う作品の中で浅草寺初詣りをこんな風に書いています。「公園内外の商店飲食店はなにに限らず夜明かしの景気です。12時を過ぎて2、3時頃になると、初詣りや恵方詣に出かける人や、既にお守りなんぞを持って帰って来る人達で、広小路から公園の中は押されて歩けないくらいです。」浅草寺のご本尊は聖観世音菩薩で、推古天皇36年の3月18日、隅田川から漁師であった檜前浜成、竹成の二兄弟によってすくい上げられ、この土地に祀られましたが、以後庶民の信仰に支えられ、しだいに大寺となったと云われております。正月の法要としては、12月31日(大晦日)から1月6日まで、修正会が行われ、この一年の吉祥を祈願して、鬼追いの儀式があり、また別に1月12日から18日までの7日間、昼夜を問わずぶっ通しで温座秘法陀羅尼会というものが行われ、天下太平、五穀豊饒を祈願いたします。

ページトップへ戻る

修正会(しゅしょうえ)

12月31日 ~ 1月6日

修正会(しゅうじょうえ)

毎年のお正月、その年の吉祥を祈る法会の意味で「修正月会」の略。国家行事としての起源は称徳天皇の神護景雲2年(768)正月、諸国の国分寺に勅して吉祥天の像を画かしめ、その宝前に吉祥式(悔過とはザンゲの意味)を修して天下泰平・五穀豊穣を祈念せられたのに始まります。鎌倉末期には追儺式(鬼を追いかける儀式)が加わった。大晦日から1月6日までの7日間修して、儀式は乱声(らんじょう)の鳴り物にのって鬼役の僧を追儺役の僧が白色の柳の杖で追い立て御宮殿の周辺を右回りに3度以上奇数回廻ります。

ページトップへ戻る

大般若経転読会(だいはんにゃきょうてんどくえ)

1月1日 ~ 1月5日

大般若経600巻は、今から1300余年以前、西遊記で有名な玄奘三蔵がインドにおもむき、28年間の歳月の末に請来した梵語経典を自ら漢訳し、諸大寺に読誦したのが始まりですが、時間がかかる関係上「転読」といって経巻を高く捧げ空理の転読偈を唱えつつ左上から右下へ繰られて読誦にかえられるようになった。はじまりは聖武天皇の勅命により天平9年3月諸国で書き写され、その4月に奈良大安寺にて転読されたのが始まりとされます。

ページトップへ戻る

新年大祈祷会(しんねんだいきとうえ)

1月1日 ~ 1月5日

除夜の鐘の第一打とともに、本堂に詰めかけた信徒より一斉にお賽物が投ぜられ、新年の幕開けとなります。零時の法要では、正月中に信徒に授与される「御祈祷札」や「開運厄除札」などが並べられた御宝前で浅草寺僧侶らにより所願成就が祈られ御加持が行われます。正月5日までは日中30分毎にご祈祷法要が営まれ、新年の大祈祷が修法されます。

ページトップへ戻る

牛玉加持会(ごおうかじえ)

1月5日 午前10時 本堂にて

修正会(しゅうじょうえ)

この法会はご本尊の種子(ご本尊を表す梵字)を刻んだ法印を額に押すというもので、この印を押せば罪を滅して極楽に往生し、災難を除き、人々に喜びを与えるというものであります。最初に「牛玉法印」と「牛玉札」のお加持法要が修され、これに引き続いて「牛玉法印押し」(五ヶ所法印とも呼ばれ)ご本尊・不動様・愛染様・三社権現様と皇居の方角に向き玉体を加持されます。その後大導師(浅草寺住職)以下式衆全員を加持して一年の無病息災と玉体安穏、五穀豊穣を祈る。この際に加持された「牛玉札」は一般信徒にも授与され、ご希望の信徒はどなたでも「牛玉法印」によるお加持が受けられる。

ページトップへ戻る

温座秘法陀羅尼会(おんざひほうだらにえ)

1月12日~18日 本堂にて

修正会(しゅうじょうえ)

毎年1月12日午前6時から18日午後6時まで、昼夜不断に勤修される密教の大法であり、一座の修法が終われば、すぐ次の僧が交替に登壇修法し7日間に168座の観音法を修するため、台座が冷えるひまが無いので「温座」と称し、「陀羅尼」とは種々の善法を集めて退散させない呪文を意味している。この法要は一年間の天下泰平と五穀豊穣、玉体安穏、万民豊楽を祈もので18日午後6時には「亡者送り」と呼ばれる、結願法要が行われる。

ページトップへ戻る

初詣浅草名所七福神(はつもうであさくさなどころしちふくじん)

1月5日 午前10時 本堂にて

浅草七福神

福徳の神として庶民の信仰を集めた七福神めぐりが、各地ではやりだしたのは江戸時代からと云われますが、勿論、浅草でも戦争前までは盛んでした。次の寺社が「浅草名所七福神もうで」をしておりますので、ご巡拝をお奨めいたします。新春七草まで絵馬札授与。

新春浅草歌舞伎

1月5日-26日

浅草七福神

若手歌舞伎役者が勢揃い!

期間:2015年1月2日から26日まで
場所:浅草公会堂

*新春浅草歌舞伎の詳細は歌舞伎公式総合サイト「歌舞伎美人(かぶきびと)」をご確認ください。

 

 

 

ページトップへ戻る