年間カレンダー

二月(如月/きさらぎ)の行事

↓節分会(せつぶんえ)
↓福聚の舞(ふくじゅのまい)
↓七福神の舞(しちふくじんまい)
↓浅草観音文化芸能人節分会
↓針供養(はりくよう)
↓涅槃会(ねはんえ)

節分会浅草寺古式追儺式(せつぶんえ)

2月3日

節分会浅草寺古式追儺式

節分とは1年の春夏秋冬の季節を分ける言葉で、本来4回あるはずですが、現在では立春の前日のみをさしています。節分には炒った大豆を打って、邪気を払う(追儺)としたのは、日本では室町時代頃からといわれています。大豆が選ばれたのは、魔の目をつぶすとか、マメで暮らすとかの縁起からだろうと思われます。この習慣が庶民の間に流行しだしたのは江戸時代以後のことですが、浅草寺は元禄頃から庶民を対象とした節分会を実行しており、享保頃には江戸中に有名になっていた事が文献で知られています。江戸時代の浅草寺の節分会の特徴は「節分般若心経日数所」と記された切紙のお札を1万枚作り、そのうち3300枚を、節分会の法要終了後、本堂外陣の東西の柱に棚をつって、そこから節分と書いた大団扇であおって撒く行事でした。そのためこの札を手に入れようと信徒が堂内に満ちて、大変混雑したといわれています(明治時代に危険ということで中止された)。現在では、一般信徒の有志が年男となり、午後1時と2時の2回に分かれ、行列を作って伝法院より進行し、法要終了後、本堂東側回廊の外につくられた舞台で豆撒きをおこなっています。

ページトップへ戻る

福聚の舞(ふくじゅのまい)

毎年2月に浅草寺で行われる節分会は、昭和40年から豆まきの間に七福神の舞、つまり福聚の舞(前年4月に創始)が奉演されるようになった。さらにその7年後に、七福神にちなんで宝の舞ができ、現在では福聚七福神の舞と呼ばれている。江戸時代の市村座の上演法(座主が浅草観音の功徳をたたえて興業前に七福神踊りをしていた)をそのまま取り入れており、衣装や小道具なども豪華だ。金龍の舞、白鷺の舞と同様、浅草寺の三大奉納舞のひとつとなっている。

ページトップへ戻る

七福神の舞(しちふくじんまい)

2月3日

七福神の舞

昔から七福神は福徳の神として庶民の信仰を集めてきましたが、浅草寺の末社の中にも七福神を祀るものがあり、七福神めぐり等も行われておりました。又、江戸末期、猿若三座の一つ市村座の座主は浅草観音に帰依の心極めて深く、自分の座の興行には前狂言として「七福神踊り」を上演して観音様の功徳をたたえました。この「七福神踊り」は長唄もので、享保~宝暦年間に市村座の立三味線を勤めた初代杵屋宇右衛門の作曲と伝えられますが、市村座では三番叟と同じ意味で毎日の興行に前狂言として稲荷町の俳優(今日の大部屋連中)に初演させ、明治初年まで続きました。従って浅草にゆかりの深いこの市村座の七福神踊りを、昭和39年4月1日、宝蔵門落慶の記念行事として復興することにしたのであります。恵比須、大黒の二神は素面にし、他の五福神は面蘢をかぶって顔をかくしています。衣装、小道具は何れも七福神の故実通りにし、恵比須、大黒の二神だけが舞をまい、他の五神は後方に控えています。
考案:高坂公一
作詞:竹柴蟹助、作曲:杵屋勝五郎 振付:花柳輔三郎、作調:望月太左衛門
奉演日:二月節分会、浅草寺本堂

ページトップへ戻る

浅草観音文化芸能人節分会

2月3日午後3時~5時15分

昭和26年浅草商店連合会が始めたもので、現在では影向堂脇に舞台を作り、浅草観光連盟が主催しております。浅草にゆかりのある文化芸能人が年男となり、浅草寺の古式追儺式が終わった後、午後4時から5時まで、約80名の人々が4回に分かれ豆を撒く行事で大変な人出を見ます。

詳細は浅草観光連盟のホームページをご覧ください。

ページトップへ戻る

針供養(はりくよう)

2月8日 午前10時 淡島堂にて

針供養

観音本堂の西側にある淡島社は、享保以前、即ち約290年以前に和歌山県海草郡加太村の淡島神社から勧請されたといわれております。日常使った針を淡島神社に納め供養する針供養の当日、一般家庭の婦女は勿論、仕立屋、足袋屋、袋物屋などは裁縫を休み針箱の掃除をし、旧針は三宝にのせて供養し、折れた針は豆腐にさして淡島さまに納めました。日常使い古した針に対し、報恩、感謝の念を表すというまことに奥ゆかしい行事ですが浅草寺では現在でも和洋裁学校の生徒など大勢の婦人で賑わいます。

ページトップへ戻る

涅槃会(ねはんえ)

2月15日 午前10時 本堂にて

涅槃会

2月15日はお釈迦様入滅の日であり、この日は本堂内陣の左手に「涅槃図」をかかげ、釈迦の遺徳を偲び報恩感謝のために「涅槃会」を営みます。

ページトップへ戻る