仲間たち

扇子

文扇堂

文扇堂

扇の文扇堂は雷門柳小路と仲見世にあります。扇専門店として当代で四代。各流派の舞踊家、歌舞伎の役者さん、芸者さんや落語家さんなど多種多彩な方々にお越しいただいております。普通の扇や木版刷りの祝儀袋、うちわもあるお店です。お気軽にお立ちよりください。

↓店舗情報 |  ↓トピックス |  ↓商品のご紹介 |  ↓地図 |  ↓会員のご紹介

店舗情報

電話
03-3841-0088
FAX
03-3841-0088
住所
東京都台東区浅草1-30-1(仲見世店)
東京都台東区浅草1-20-2(雷門店)
定休日
毎月20日すぎの月曜日
営業時間
10:30 - 18:00
クレジットカード
不可
デビットカード
不可

ページトップへ戻る

トピックス

現在ありません。

ページトップへ戻る

商品のご紹介

文扇堂
文扇堂
文扇堂
文扇堂
主な商品(値段は2013年10月現在)
扇 舞い扇
1,680円~
うちわ
170円~
お香
840円~
持ち扇
1,780円~
匂い袋
680円~
香立て
520円~

ページトップへ戻る

地図

ページトップへ戻る

会員のご紹介

文扇堂
文扇堂
荒井 修(あらい おさむ)

昭和23年4月7日 浅草に生まれる

昭和42年 大学2年の時、19歳で扇職人として弟子入り大学の授業が終わり次第、職場へ行く毎日4代目として家業を継ぎ、一方、扇師として製作も手掛けております。大学(日大芸術学部)時代より、職人生活に入り、商売の勉強はそっちのけでした。父には「商売の勉強もしろ」と言われておりましたが、自分の作る扇を人手に渡すのがちょっとさびしくて、店でお客様に買っていただく事が出来ませんでした。ある時、自分の扇がどのように使われているのか知りたくなり、お得意さまの舞台を見に行きました。うれしかったです。そのうち、板東玉三郎さんなど、歌舞伎界の方々から御注文をいただくようになり、自分の扇が歌舞伎座の舞台を飾った時は、この道を選んだ事に間違いはなかったと思えたものです。

ページトップへ戻る