名所旧跡

鎮護堂

鎮護堂

(ちんごどう)
鎮護堂
鎮護堂-伝法院の鎮守(ちんごどう)

通称「お狸さま」と呼ばれ、明治維新に彰義隊と官軍が上野の山で戦ったとき逃げ出した狸が浅草奥山に住み着き、いたずらをするので困っていた。住職唯我韶舜僧正の夢枕に狸が立って、自分たちを保護して下されば、伝法院を火災から守りましょうと言うので、明治16年(1883)鎮護大使者として祀った。火防・盗難及び商売繁盛を祈る人が多く、とくに落語家や歌舞伎俳優など芸能関係者の信仰が多いことで知られる。現在のお堂は大正2年(1913)の建立3月17日18日の両日に祭礼が行われる。

鎮護堂
水子地蔵
鎮護堂
幇間塚碑(ほうかんづかひ)

吉原の幇間として聞こえた桜川の一門が昭和38年建立。久保田万太郎氏の手向の句を刻む。

鎮護堂
地蔵菩薩像(石造)

ページトップへ戻る